財団の概要

徳島放置竹林再生事業推進協議会

平成27年の活動としては、元旦より阿南市宝田地区の山林 遊歩道の清掃活動を開始し、協議会会員を中心に地元住民の方々も参加されて落ち葉を掃き清め、 雨後の崖崩れ箇所の保全、補修を行ないました。

2月~3月上旬にかけては竹林の整備作業を行ないタケノコの収穫シーズンに備えました。収穫期には阿南市新野地区、福井地区、桑野地区、山口地区、小松島市櫛渕地区の竹林からタケノコを収穫し、新しい会員の方達には穂先タケノコの収穫の仕方を指導しました。 日亜化学工業株式会社様の有志ボランティアの方々も活動に参加され、今後の故郷の環境保全、子や孫へ豊かな環境を継承する役割を担うべく発奮されておられました。

私たち「徳島放置竹林再生事業推進協議会」はその団体名の通り、放置竹林の再生 のための活動が中心となっておりますが、その他にも周辺環境の保全も視野に入れた活動を行なっており、桑野川河川敷、周辺山林の草刈り及び清掃活動も行なっており、今後も継続して行く予定です。

Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION