財団の概要

TSウッドハウス協同組合

私達は林業家から発足した協同組合で、永年建築士とネットワークを組み、消費者と顔の見える関係を作り上げてきました。

山での植林体験ツアーは、私達の木をお使い頂き家を新築された施主様の「山への恩返しに植林をしたい」という言葉から始まりました。 また建築や森林研究に携わる若者には、山の現状や木について学習して頂き将来の森林保全の為の活動意欲を持って頂けたらと考えました。
 今回の参加者は金沢工業大学の学生達、東京から社会人、施主様も三組来てくださいました。

一日目は、徳島杉で建てたモデルハウスを見学しながら木の特性等の講義を行った後、工場で製材と桟積み乾燥について学んで頂きました。その後移動した那賀町ではミツマタを使った手漉き和紙づくり体験をして頂きました。

二日目は植林体験です。植林は森林保全の為に大変重要で、伐採後放置されたままの山では災害被害を拡大させる可能性が大きいのです。穴を掘って苗木を植え、土を戻し固め倒れないように杭を打ち込み苗木を縛り、鹿除けのカバーをかぶせます。

前夜からの雨もあがり予定通り開催出来ました。関係者の方々には感謝致します。

TSウッドハウス協同組合
Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION