財団の概要

徳島保全生物学研究会

親子でツリーイング実施報告2016

本年で4年目となる「親子でツリーイング」は、小学生の児童とその保護者を対象に、森あそびのひとつである “ツリーイング”と“自然観察”を同時に体験する、他には類を見ない自然体験講座です。 本年は、大里部落の方々にご協力いただき、海陽町大里海岸で開催しました。

“自然観察”では、海浜植生を観察しながら大里海岸を散策し、大浜海岸に産卵のため上陸する アカウミガメの生態を学びました。アカウミガメが産卵場所を求めて砂浜を掘った跡を観察することができました。

“ツリーイング”は、ロープを使った木登りの手法です。この技術を使えば、子どもから大人まで安全に 木登りすることができます。本講座では、ツリーマスタークライミングアカデミー認定インストラクターから指導のもと 実施しました。突然の雨にも負けず、木に触れたり、枝に触ったり、五感を使って木に親しみました。

徳島保全生物学研究会

Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION