財団の概要

剣山国定公園地域連携協議会

剣山国定公園地域連携協議会は、平成26年に剣山国定公園が指定50周年を迎えたことを期に、 自然保護や利用のあり方などの課題に対し、関係団体や地域が連携して取り組むために設立された協議会です。

県民参加による自然保護活動や、登山者の安全対策、登山マナーの啓発活動などを連携して実施しています。 8月11日の山の日には、県内小学生とその保護者を対象として、地元高校山岳部学生等による登山マナー等の講義の後、 協議会会員及び高校生等とともに剣山山頂をめざして登山に挑戦する「はじめての山登り講座」を開催しました。 登山道中におけるキレンゲショウマをはじめとする高山植物の観察やニホンジカによる食害防止対策事例の紹介等、 体験型環境教育により、剣山の豊かな自然環境の保全活動を継承する人材育成を今後も継続して実施していきたいと考えております。

日亜ふるさと振興財団からいただいた助成金は、正確な登山道の調査、登山道案内板の作成や、 ニホンジカの食害防止ネットの設置にも活用させていただいています。

剣山国定公園地域連携協議会
Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION