財団の概要

沖洲海浜楽しむ会

吉野川河口に創出された沖洲海浜が、徳島ではこの周辺にしか生息していない海浜性甲虫「ルイスハンミョウ」のよりよい生息環境であり続けるとともに、 地域の人に愛される「ふるさとの海」となることを目指して、 『沖洲海浜楽しむ会(通称:沖楽会)』は活動しています。

1.地域学童の子ども達を対象とした「海浜で楽しむ・知る・考える」を体験する毎月の活動
2.徳島県と協働でルイスや海浜を知ってもらうイベント
3.徳島大学と一緒に生態があまり明らかになっていないルイス保全のための研究

これら活動において重要となる安全管理や、子供たちが楽しく学ぶ教材、研究のための資材に対して財団から助成いただくことができ、活動を発展させることが出来ました。

写真は、国交省や県との協働イベント「みなとサマースクール」の様子です。徳島の海で生きている魚の赤ちゃん「ワダモン(チリメンモンスター)」を使って、海に親しんでもらうゲームをしました。

剣山国定公園地域連携協議会
Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION