財団の概要

山櫻プロジェクト会

日本の里山、その原風景の象徴的な樹種として古来より愛されてきた「ヤマザクラ」は那賀町木頭においても生息数が激減しており、もはや人の手で保全をしていかなければ絶滅をも危惧されつつあります。そこで私たち山櫻プロジェクト会は、ヤマザクラを『山櫻』と称し、地域に再生させ、各所に「山櫻の名所」を誕生させる事を最終目標におき、域内の学生や幅広い町民参加のもと活動を行っています。

活動では、残存する木頭の山櫻の実生からの苗木育成、植樹活動や環境教育、地域行事の参加や広報活動など、山櫻を「架けはし」として地域の様々なコミュニティと連携し、地域全体の振興に向けた活動も行っています。

また、環境教育の一環として、山櫻や木頭杉など地域の間伐材を用いた箸作り体験も毎年行っており、「里山の恵み体感」をとおして、生物多様性の重要性や森林の果たす役割、資源の循環する仕組みなどにも触れながら地域愛の醸成に向けた

活動も行っています。 剣山国定公園地域連携協議会
Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION