財団の概要

根郷いきいき塾

佐那河内村根郷地区の里山は、国道438号線沿いで地域のほぼ中央に位置しています。かつては果樹や野菜栽培がおこなわれ、人の出入りも多くありました。しかし、高度経済成長とともに人の出入りが次第に少なくなり、放置された里山には竹や雑木が生い茂り、田舎の原風景や機能は失われてしまいました。

この放置された里山の再生を行おうと、地元の有志グループである「根郷いきいき塾」が平成27年から活動を開始して現在4年目となります。

<目 的>
1.里山の景観を取り戻し、地域住民の憩いの場に変える。
2.近隣住民の冬場の日照不足を低減するため、雑木等の伐採を行う。
3.サル・鹿・イノシシなどの鳥獣被害を低減する。


<進捗状況>
1.地権者や地元の同意を得て、合計70アールについて竹と雑木の伐採を実施。
2.伐採した里山に、地元の子供会の協力を得て、桜や紅葉等の景観樹木を植樹。平成29年から実施して合計160本を植樹ずみ。
3.平成30年は、日亜ふるさと振興財団の助成を得て、遊歩道と頂上広場を整備中。


<今後の計画>
1.遊歩道と頂上広場を完成させて、見晴らしの良い憩いの場をつくる。
2.毎年、植樹エリアを拡大するとともに、定期的メンテナンスを継続してゆく。

根郷いきいき塾
Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION