財団の概要

徳島県木材買方協同組合

私たちは、日ごろ木材に触れる機会の少ない小学生を対象に、移動木工教室と児童木工工作「木とふれあうコンクール」を開催し、木の温かさ優しさは勿論のこと、地球温暖化対策の中心的位置を占める二酸化炭素削減問題に、最も寄与する再生可能な唯一の資源であることをアピールしています。

小学生を対象とした移動木工教室は、徳島県産杉の間伐材等を使ってイス・本立て・木箱等、直接木製品を作ることにより木材との距離感をできるだけ短くした上で、木の温かさ、優しさ、木を育む山林の大切さ(計画的伐採・計画的植栽)、を学んでもらっています。

また、児童木工工作「木とふれあうコンクール」では、夏休みを通して小学生の木工作品を募集しております。徳島県、徳島市、市教育委員会、県教育会、NHKをはじめとするマスコミ、木材関連団体等に後援をお願いし、審査会並びに表彰式、作品展示会を開催。木材が地球温暖化対策にいかに有効であるか、理解を求めアピールしています。多数の作品の応募をお待ちしております。


徳島県木材買方協同組合
Copyright© 2015 All Rights Reserved by NICHIA FURUSATO FOUNDATION