財団の概要

加茂谷へんろ道の会

1200年続いてきた四国八十八箇所霊場を巡る遍路道は約1400㎞で、そのうち自然歩道は約120㎞です。その歴史的資産としての遍路道が、二十番鶴林寺、二十一番太龍寺の周辺に20㎞余り残っており、貴重な地域となっています。

「加茂谷へんろ道の会」は、最古の遍路道『かも道』を中心とした地元の遍路道を活かした地域活性化を図るべく、平成25年に結成し古道の保全整備と魅力発信活動を続けております。

春と秋の定期保全整備活動『かも道・いわや道』はもとより、臨時対応として台風後の倒木等の迅速処理は重要な活動となっております。更に、ウォーキングイベントの開催、広報誌やへんろ道マップの発行、道標・看板の設置などで、お遍路さんのみならず山歩きや歴史探訪、トレイルランナーの方々から感謝の言葉をいただき、我々の励みとなっております。(写真は春の整備活動)

近年は、急増している外国人旅行者の対応やガイド活動、観光客誘致にも力を注いでいます。

加茂谷へんろ道の会
Copyright ©NICHIA FURUSATO FOUNDATION