財団の概要

徳島県木材買方協同組合

私たち『徳島県木材買方協同組合』は、移動木工教室事業と児童木工工作「木とふれ合うコンクール」を開催し、木の温かさ、優しさは勿論のこと、地球温暖化対策の中心的位置を占める二酸化炭素削減問題に最も寄与する再生可能な唯一の資源であることの理解を深めてもらうことを目標に活動しています。

移動木工教室は、徳島県内をエリアとして主に小学生を対象に開催。徳島県産スギの間伐材等を使用し、イス・本立てなど作りたいものを製作して頂きます。それにより木の温かさ、優しさを直接触れて体感していただきます。また、木は光合成作用により二酸化炭素を吸収し、炭素を固定し成長いたします。その代わりに私たち地球上で生存しているあらゆる動物に必要な酸素を放出する等の「木材利用は地球環境を救う」パンフレットをその場で配布いたしております。

児童木工工作「木とふれあうコンクール」は、例年であれば小学生を対象に夏休みを通して木工作品を募集しますが、今年はコロナ禍で夏休みがお盆休みほどの短いものとなっています。外出がままならない今日この頃、ご家庭で家族みんなで木工作品を作ってコンクールに出展頂こうと考え、従来通りコンクールを開催いたします。例年同様、徳島県、徳島市、教育委員会を中心に新聞社、放送局、公的団体に後援団体となっていただき審査会を開催。県知事賞をはじめ後援団体各賞を決定し表彰式を開催、その後県内公的施設にて受賞作品の展示会を行いたいと考えています。コロナ禍の今年は、一堂に会して表彰式、展示会が開催できない場合は、受賞者が通う小学校にて表彰等を行いたいと考えています。

徳島県木材買方協同組合
Copyright ©NICHIA FURUSATO FOUNDATION