財団の概要

とくしま自然観察の会

ふるさとの宝物吉野川を守る―吉野川河口干潟の清掃活動を通して

吉野川の風景は、ふるさと徳島の原風景。広々とした河口の干潟は、川の汚れを浄化し、浄化した水は海へと帰ってゆく。ここでは、シオマネキやハクセンシオマネキ、トビハゼ、クシテガニなど、今や全国的に姿を消しつつある干潟の生き物をごく当たり前に目にすることができます。

台風襲来時には、プラスチックごみ、立木などが大量に流れつき、干潟の生き物たちを脅かし、海の環境悪化も懸念されるようになってきました。今年はコロナ禍のため子供達や親子連れへの呼びかけをしませんでしたが、大勢の学生ボランティアが参加し、清掃や生物調査を定期的に実施することができました。(写真参照)

これらの活動では、参加者と共に水辺におりて、干潟の清掃や調査をしながら、吉野川の風景や河口干潟の豊かな生物多様性を体感し山・川・海そして陸のつながりを実感することで、ふるさとの宝物吉野川を自分事として守っていこうという意識が育つ機会となっています。

とくしま自然観察の会
Copyright ©NICHIA FURUSATO FOUNDATION