財団の概要

かみかつ里山倶楽部

「高丸山ブナの自然林における環境保全活動」

高丸山はニホンジカによる食害のため、森林ないの下層植生(植物)が衰退し、木の樹皮剥ぎも多く見られます。そのような被害を減少させるため、食害対策を行い、森林保全活動を行うことが急務となっています。当団体では「ブナをシカから守るぞ」という行事で公募し、ボランティアと共に防除ネット設置を行っています。いろいろな人の参加は、シカによる被害を理解してもらうのに重要ですし、やり方を覚えて他の場所で応用も可能になります。

今回は過去に設置した防除ネットの修繕・補修と、壊れた資材の回収を行いました。令和2年の秋台風でブナやモミの巨木が倒れ、ネットを大きく破損。その破損したネットや支柱を可能な限り撤去・回収し、新しいネットを追加で張り直しました。補修したことで防除効果と植生の回復が継続します。そして山を訪れる登山者が、奥山のシカ問題に気づくことができます。

今年度は残り3回活動を行う予定です。引き続き頑張っていきます。

かみかつ里山倶楽部
Copyright ©NICHIA FURUSATO FOUNDATION