財団の概要

三頭ふれあいの森実行委員会

三頭ふれあいの森づくり活動は、訪れた方々に森の良さを知ってもらうことを目的に始まり、今年で22回目を迎えました。豊かな森づくりのため、広葉樹の植栽や下草狩りを行い、大きくなったヒノキ林の枝打ちや間伐を行っています。

今年は、コロナウィルス感染症の感染者が減少しつつある中での開催で、11月3日(祝日)に約70人が参加しました。作業を通じて森林を保育し回復させ、豊かな森を育てるため、木の大切さや育てる楽しさを伝えることができたのではないかと思います。作業後には、草景盆栽の体験や、地元名産のそば・おにぎり等もふるまわれ、秋の晴天の下交流を深めました。

これからも、多くの方々に参加していただき、森への関心をより一層持っていただけるよう、楽しい森づくり活動を続けていきたいと考えています。

三頭ふれあいの森実行委員会
Copyright ©NICHIA FURUSATO FOUNDATION